第1回 人生の羅針盤

日本ではデフレ基調の長期低迷がすでに20年に及んでいます。失われた20年とも言われるこの間に、日本人は自信喪失病に罹ってしまいました。

「この先、どうなるの?」「将来私を待ち受けているのは、みじめな苦しい生活?」「格下に見ていたはずの新興国にバカにされている!」・・・

こんな荒海に船出してしまった私達は、いったいどこにたどり着くのでしょうか。誰もが不安で不安でしかたありません。私だって不安でなりません。でも、船出したからには遭難せずにみんな揃って、無事目的地にたどり着きたいのが人情っていうものです。


さて、こんなときむやみに船を漕いでもどこへ向かっているやらさっぱりわかりません。ナビがあれば最高ですが、人生の大海原にはナビはありません。まれに夜の星空や太陽の位置を見て見事に海を渡る人がいるかもしれませんが、それとて知識とワイルドな勘があってのことです。凡人の私達には難しいことでありましょう。それでも、せめて羅針盤があれば、少なくとも進むべき方向だけは私達に指し示してくれるはずです。

「ああ、人生の羅針盤が欲しい!」そう思うのは私だけではないと思います。

もう四半世紀も前のことです。私はこの「人生の羅針盤」らしきものにばったりと出会いました。人それぞれにご自分の「人生の羅針盤」をお持ちだと思いますが、私が出会った羅針盤は城野宏先生の「脳力開発」です。それは先人達が必死で探し求めた人間の生き方の原理原則を編集した指針集でした。私は、この「脳力開発指針集」を「突破のための人間学」だと考えています。

今の混迷な時代、まさに「突破のための人間学」を必要としている方々が大勢いらっしゃると思います。だからこそ私が出会った「人生の羅針盤」、「突破のための人間学」を皆さんと共に再度学び、共に再出発しようと思い立ったのがこのホームページです。

これから、1年~2年ほどかけて少しずつ、御紹介したいと思います。


マイペースで、着実に漕ぎ続けましょう。きっと大海原の向こうに目標が見えてくると思いますよ。

お問い合わせ 給与計算 相談事例 人間学研究 変革のための指針  
あずみの狼犬ふう ブログ 脳力開発センター

社会保険労務士法人 しなのSC

〒390-1132

長野県松本市大字空港東
8967-13

TEL:0263-87-8470

FAX:0263-86-8476

代表:田中勇司

関連組織

(有)タナカオフィス

塩尻労働保険事務組合